血圧を下げる良い方法

女性

塩分のとり過ぎが原因

高血圧と塩分は深い関わりがあり、塩分をとり過ぎると高血圧になってしまいます。血液中の塩分濃度が高くなると、塩分濃度を低くしようと水分が多く取り込まれることになります。その結果、血液の量が増えてしまうので、高血圧になってしまうというわけです。従って、塩分を抑えた食事を心掛けるべきなのですが、実際のところ、それは中々難しいことです。というのも、日本人が食べる食事、和食は塩分が多い食事だからです。そして、和食に慣れ親しんでいる日本人は、塩味を美味しく感じるという味覚の特徴があるからです。では、どうすれば良いのかというと、当然、塩分を控えることも重要なのですが、それに加えて、カリウムのサプリメントを使用することが有効になります。

食事での摂取だけでは不足

どうして、カリウムのサプリメントが有効なのかというと、カリウムには余分な塩分を尿にして体外へ排出させる作用があるからです。もっとも、カリウムは多くの食材に含まれていますから、食事で摂取することができます。そう考えると、わざわざサプリメントを使用する必要はないと考えてしまうものです。しかし、食事で摂取するカリウムだけでは対応できないほど、塩分摂取している場合が多いので、サプリメントでも摂取することが重要となるのです。高血圧は自覚症状はないのですが、そのまま放置してしまうと動脈硬化が進行し、終いには脳卒中や心筋梗塞を発症することになる恐ろしい症状です。従って、カリウムのサプリメントは非常に重要な役割を担っており、健康意識が高い人を中心に多くの人が利用しています。