欧米化の弊害

栄養補助食品

生活の見直し

糖尿病というのは、普段の生活や食生活が原因となり発症するもので、生活習慣病とも言われています。生活スタイルの欧米化が進み、糖尿病になり易い環境となっています。暴飲暴食、運動不足、ストレスなども大きく関係していると言えます。また、糖尿病は遺伝的なものも関係し、加齢の影響や生活環境を注意する事も必要です。糖尿病はインスリンが十分に作用していなく、血液中の血糖値が高くなっている状態が続く事です。インスリンは血中のブドウ糖を肝臓などに取り込んで血糖値を下げるホルモンで膵臓で作られ血液によって全身に運ばれます。糖尿病の症状は尿の量が増えたり、のどの渇き、体重の減少、疲れやすいなどがあり、初期などでは発見が遅れる場合もあります。

予防大切さ

糖尿病にはいくつかの種類があります。日本人のほとんどは2型で、肥満、運動不足、食べ過ぎなどの生活習慣が大きく関係します。糖尿病は血糖値の高い状態が続くと合併症の可能性も出てきます。動脈硬化による心筋梗塞や脳卒中、足の壊疽など重大な病気になる可能性もあります。この病気の予防にはビタミンB群やマグネシウム、カルシウムなどが良いと言われます。現在ではこの栄養素などがサプリメントでも摂取できるので不足を感じたらサプリメントで補うのも良いかもしれません。また、様々なサプリメントがありますが、作用は異なりますので注意が必要です。生まれつきの1型糖尿病ではサプリメントでは血糖がコントロールできないので注意しましょう。